2019/06/25

令和元年「薬物問題について考える講演会」の開催について

 昨今,薬物依存についてはメディアなどで多く取りざたされていますが,実際に身近な人が薬物に手を出したとき家族としての関わり,支援などについて情報を得る機会は決して多くありません。

 そこで今年度は,薬物依存症における家族としての悩みや関わり,回復と支援について理解を深めるために,下記のとおり「薬物問題について考える講演会」を開催しますので,お知らせします。

1 日 時  令和元年7月26日(金)

       午後2時~午後4時(開場:午後1時30分)

 

2 場 所  キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室

       (京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939番地)

 

3 内 容

(1)講 演  「依存症と家族 ~家族にできること・できないこと~」

   講 師  国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 

        診断治療開発研究室長  近藤 あゆみ氏

(2)当事者の体験発表

 

4 定員等

定 員  200名

参加費  無料

申 込  直接会場へお越しください(先着順,申込不要)。

その他  一般利用者用の駐車場はありませんので,公共交通機関(電車,バス等)を御利用ください。

【参考資料】ちらし

      京都市情報館はこちら(広報発表ページへリンク)