2018/04/05

平成30年度<前期>薬物依存症再発予防プログラム「KEEP」の開催について

 この度,京都市では,薬物問題を抱える本人を対象とした,薬物依存症再発予防プログラム「KEEP」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 このプログラムは,グループワーク形式で専門職が進行を務め,参加者が話しやすい雰囲気の中で,薬物依存症という病気を学び,自己理解を深めることを目的としています。再発の危険サインに気付き,具体的な対処法を身につけ,依存症からの回復の助けとなるものを学んでいきます。

 昨年度は月2回全6回の1クール実施でしたが,参加者の回復への助けとして長期的・継続的な参加機会を設けるため,今年度から月2回全8回を<前期>・<後期>の2クール実施します。

 

※「KEEP」は,「Kyoto-City Easy Enough Program for drug addiction(薬物依存症のための 京都市 えぇ感じの プログラム)」の頭文字をとり,健康な生活を維持し,回復への行動を続け,安心できる人間関係を保つことを目標としています。

 

1 日時   平成30年5月~9月 全8回 いずれも月曜日

       平成30年 5月21日,6月4日,6月18日,7月2日,7月23日,8月6日,8月20日,9月3日

       午後2時~午後3時30分

 

2 場所   京都市こころの健康増進センター 5階 会議室3(中京区壬生仙念町30)

 

3 内容   薬物依存症という病気への理解を深め,回復のための具体的な方法について学んでいきます。

       ワークブックを用い,毎回異なるテーマでグループワークを進めていきます。

 

4 対象者  薬物問題を抱える本人。ただし,参加される方が京都市在住であること。

 

5 費用   無料。

 

6 申込み  相談専用電話(314-0874)で申込み後,事前面談を受けていただきます。

       参加については面談後に当センターから御連絡します。

 

7 問合せ先 京都市こころの健康増進センター 相談援助課(電話 314-0355)

 

チラシはこちら(PDFデータ)

広報資料等はこちら(京都市情報館にリンク)

 

2018/03/30

薬物依存症・ギャンブル等依存症外来の設置について

 薬物依存症・ギャンブル等依存症は適切な治療と支援により回復が十分可能な疾患ですが,専門医療機関の不足から,依存症者やその家族が必要な治療や支援を受けられていない現状にあります。

 この度,平成30年4月より,少しでも多くの京都市民の相談を受け,依存症の回復や再発予防を図るため,薬物やギャンブル等の問題を抱える本人及び家族を対象とした,「薬物依存症・ギャンブル等依存症外来」を下記のとおり設置しますので,お知らせします。

 

詳細はこちら(京都市情報館へリンク)をご覧ください。

広報資料はこちら(PDFデータ)

2018/03/05

平成29年度「自殺対策強化月間」等における取組について

この度,京都市では,「自殺対策強化月間」(3月1日からの1か月間)に,自殺予防やこころの健康問題に対する正しい知識等の周知,関係機関と連携した相談会などの取組を下記のとおり行いますので,お知らせします。

広報資料

2018/03/23

平成30年度「アルコール・薬物問題に悩む家族への支援プログラム」の開催について

 この度,京都市では,アルコール・薬物問題を抱える人の家族を対象とした支援プログラムを下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 アルコール・薬物問題に関する正しい知識や対応方法を学ぶことで,その悩みや不安を軽くし,心の健康や良好な家族関係を取り戻すことを目指すとともに,アルコール・薬物問題を抱える本人自身の回復にも役立つことを紹介します。

1 日時

  平成30年5月~平成31年2月 全10回 毎月第3火曜日 午後1時30分~午後3時30分

  平成30年5月15日, 6月19日, 7月17日, 8月21日

       9月18日,10月16日,11月20日,12月18日

  平成31年1月15日, 2月19日

 

2 場所

  京都市こころの健康増進センター(中京区壬生仙念町30)

 

3 内容

  アルコール依存症・薬物依存症という病気への理解を深め,本人とのコミュニケーションの工夫について学ぶことを目的に,毎回異なるテーマでグループワークと御家族同士の分かち合いの時間を設けています。

  また,専門職や自助グループの方から,利用できる相談先(社会資源)についてお話しいただく回もあります。

 

4 対象者

  アルコール・薬物問題を抱える人の家族(ただし,参加される方が京都市在住であること)

 

 費用

  無料

 

6 申込み

  平成30年4月2日(月)以降,相談電話(314-0874)にて随時申込みを受け付けます。センターでの事前面談を受けていただき,参加の可否については面談後にこちらから御連絡します。

  途中参加も可能ですので,プログラム開始後に参加を御希望の方も,相談電話(上記)まで御連絡ください。

 

7 問合せ先

  京都市こころの健康増進センター 相談援助課(電話 314-0355)

 

詳細はこちら(京都市情報館へ移動)

チラシはこちら(PDFデータ)

2018/02/22

平成30年度「自立支援医療(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳交付事務に係る労働者派遣業務」公募型プロポーザルの選定結果について

 平成30年度「自立支援医療(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳交付事務に係る労働者派遣業務」について公募型プロポーザル方式により選定した結果,以下の事業者を派遣元候補者としましたのでお知らせします。

<選定した派遣元候補者>
 株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター

2018/02/05

平成29年度「こころの健康講座」の開催について

 京都市では,市民のこころの健康を保つための普及啓発の一環として,「こころの健康講座」を開催しています。

 今年度は,アンガーマネジメント(1970年代にアメリカで生まれたアンガー(怒り)をマネジメント(上手に付き合う)するための心理教育)をテーマとし,日常生活の中での「怒り」への対処を学び,イライラと賢く付き合うコツについて学ぶ講演会を開催いたしますので,ぜひ御参加下さい。

日 時  平成30年3月9日(金)

     午後2時~午後4時(開場:午後1時30分)

場 所  キャンパスプラザ京都 4階 第2講義室

    (京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

内 容 講演:「私のイライラと賢く付きあう」 ~アンガーマネジメントことはじめ~

    講師:医療法人上島医院 デイ・ナイトケアセンター施設長

    川端 大輔氏

定員等

  定 員  280名

  参加費  無料

  申 込  直接会場へお越しください(先着順,申込不要)。

  その他  一般利用者用の駐車場はありませんので,公共交通機関(電車,バス等)を御利用ください。

 

京都市情報館はこちら(広報発表ページへリンク)

チラシはこちら(PDFデータ)

2018/01/25

平成30年度「京都市自殺総合対策業務」に関するプロポーザル参加事業者募集!

平成30年度「自殺総合対策業務」に係る事業に関し,民間事業者を公募型プロポーザル方式により選定するため,参加希望事業者を下記のとおり募集します。

スケジュール

事業説明会:平成30年1月31日(水)10時~ 京都市こころの健康増進センター 第1会議室

募集要項

参加申請書

仕様書

企画提案書

2018/02/01

精神障害のある方のための就労支援講座『病気とつきあいながら働く』の開催について 

京都市こころの健康増進センターでは,障害のある方の市民の社会参加促進のため,「うつ病の方のための症状改善と就職・復職の準備性を高めるデイ・ケア」,「統合失調症の方のための就労準備デイ・ケア」を実施しています。                  この度,精神障害のある方に向けた就労支援講座を開催しますのでお知らせします。                                                                                              

詳しくはこちら

2018/01/16

平成30年度「自立支援医療(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳交付事務に係る労働者派遣業務」における公募型プロポーザルについて

 自立支援医療(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳交付事務に係る労働者派遣業務に関し,派遣元の民間事業者を公募型プロポーザル方式により選定するため,参加希望者を下記のとおり募集します。

                           記

 

内容

実施要領(PDF形式:264KB)

別紙1 仕様書(PDF形式:260KB)

別紙2 企画提案書等作成要領(PDF形式:163KB)

別紙3 派遣業務細目(PDF形式:157KB)

別紙4 個人情報取扱特記事項(PDF形式:114KB)

評価基準(PDF形式:118KB)

 

スケジュール

参加表明書受付期限 : 平成30年1月30日(火)午後5時まで
質問受付期限 : 平成30年2月5日(月)午後5時まで
企画提案書受付期限 : 平成30年2月13日(火)午後5時まで

 

申請様式

様式1 参加表明書(WORD形式:36KB)

様式2 業務実績申告書(WORD形式:31KB)

2017/12/13

平成29年度 「若者の薬物問題について考える講演会」の開催について

 精神的に不安定な時期にある思春期・青年期の若者をとりまく問題が複雑化する中,薬物乱用・依存から子ども・若者を守るために,社会的な取組が求められています。

 今年度は,若者の生きづらさへの対処法として生じる,依存症(薬物,アルコール,ギャンブル等)や自傷行為,摂食障害といった“アディクション”に焦点を当て,思春期・青年期の若者の心理の理解と対応について学ぶために,「若者の薬物問題について考える講演会」を開催しますので,お知らせします。

 

 日 時  平成30年1月24日(水)

       午後2時~午後4時(開場:午後1時30分)

 場 所  京都市北文化会館 ホール

       (京都市北区小山北上総町49番地の2 <キタオオジタウン内>)

 内 容

 (1)講 演  若者の生きづらさとアディクション~信頼障害からみた依存症・自傷行為・摂食障害~

    講 師  神奈川県立精神医療センター 専門医療部長 小林 桜児 氏

 (2)当事者の体験発表

 定員等

  定 員  270名

  参加費  無料

  申 込  直接会場へお越しください(先着順,申込不要)。

  その他  一般利用者用の駐車場はありませんので,公共交通機関(電車,バス等)を御利用ください。

 

京都市情報館はこちら(広報発表ページへリンク)

広報資料はこちら(PDFデータ)

チラシはこちら(PDFデータ)