2019/09/20

令和元年度<後期>薬物依存症再発予防プログラム「KEEP」の開催について

 京都市では,持続可能な社会を目指すSDGsの基本理念である,「誰一人取り残さない社会の実現」に向け,この度,薬物問題を抱える本人を対象とした,薬物依存症再発予防プログラム「KEEP」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 このプログラムでは,参加者の回復への助けとして長期的・継続的な参加機会を設けるため,月2回全8回を2クール実施しており,11月から今年度<後期>クールを開始いたします。

※「KEEP」は,「Kyoto-City Easy Enough Program for drug addiction(薬物依存症のための 京都市 えぇ感じの プログラム)」の頭文字をとり,健康な生活を維持し,回復への行動を続け,安心できる人間関係を保つことを目標としています。

 

詳細はこちら(京都市情報館へリンク)

広報資料はこちら(PDFデータをダウンロード)

ちらしはこちら(PDFデータをダウンロード)

2019/09/19

第14回「風に出あう会」~シルバーリボンキャンペーン~開催について

 この催しは,精神に障害のある方への理解を深め,偏見や差別のない社会づくりを推進するために,年1回開催しています。

     日時  令和元年11月15日(金)10時30分~16時30分(開場10時)

      午前の部:ワークショップ「参加者全員で千羽鶴を折りましょう!!」
      午後の部:講演会
           講師:倉知延章氏 (九州産業大学人間科学部臨床心理学科 教授)
           テーマ「令和元年を迎えて・いま心をひらく当たり前の暮らしとは」

   場所  ハートピア京都 大会議室

 申し込みは不要で,どなたでも参加できます。当日直接会場にお越しください。

 詳しくはこちらをご覧ください。

2019/09/11

令和元年度「アルコールと健康を考えるセミナー」の開催について

 京都市では,持続可能な社会を目指すSDGsの基本理念である,「誰一人取り残さない社会の実現」に向け,アルコールに関する正しい知識の普及を図ることを目的に,講演会を実施しております。

 この度,若者や若者に関わる広い年代の方々にアルコールと健康について考えていただくため,若者のアルコール関連問題の基礎知識を学ぶ講演会と若者に関わる様々な立場のシンポジストによるシンポジウムを開催しますので,お知らせします。

 また,アルコール依存症に関する絵本の映像上映も行います。是非御参加ください。

 

1.日時

令和元年11月10日 日曜日

午後1時~午後4時(開場 午後0時30分)

 

2.場所

京都市男女共同参画センター ウィングス京都 2階 イベントホール

(京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地)

 

3.テーマ

「お酒と上手に付き合うために」

~若者にも知ってもらいたい,アルコールのリスクと回復~

 

4.内容

(1)講演「若者の飲酒―イッキ飲み・女子会・ビンジ(無茶飲み)―」

    講師:稗田 里香 氏(東海大学健康科学部社会福祉学科 准教授)

(2)休憩:映像上映

(3)シンポジウム「若者のいのちを守る取組」

    シンポジスト:

     稗田 里香 氏(東海大学健康科学部社会福祉学科 准教授)

     松田 美枝 氏(京都文教大学臨床心理学部臨床心理学科 准教授)

     学生・若者

 

5.定員等

    (1)定員・料金:240名・無料

    (2)参加方法:直接会場へ御来場ください(先着順,申込み不要)

    (3)親子室:親子室を御利用の方は,11月1日金曜日までにお申し込みください。

    (4)手話通訳:手話通訳が必要な方は,11月1日金曜日までにお申し込みください。

 

6.主催

    京都市・京都府・NPO法人京都府断酒連合会
 

7.問合せ先

    京都市こころの健康増進センター相談援助課 TEL.075-314-0355
 

8.その他

    ちらしはこちら(PDFデータ)

    京都市情報館はこちら(サイトへリンク)

2019/08/16

精神保健福祉法による入院措置に関する事務に係る「特定個人情報保護評価書」の公表について

特定個人情報保護評価について
概要
 マイナンバー法に基づく制度上の保護措置の一つであり,国民の信頼を確保するため,特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)を取り扱う事務について,個人のプライバシー保護に対して適切な措置を講じることを特定個人情報保護評価書により宣言し,公表する手続きです。

実施する評価の種類
 事業ごとに,対象人数の多寡等によって評価の要否を判断のうえ,評価不要のものを除き,「全項目評価(30万人以上)」「重点項目評価(10万人以上30万人未満)」「基礎項目評価(1千人以上10万人未満)」のいずれかを実施することとされています。
 精神保健福祉法による入院措置に関する事務については,対象人数が1千人以上10万人未満であることから,基礎項目評価を実施します。

評価書の公表
 精神保健福祉法による入院措置に関する事務において特定個人情報を取り扱うに当たり,適切な措置を講じたうえで,個人のプライバシー等の権利利益の保護を実施していることを宣言する「特定個人情報保護評価書」を公表しており,ご覧いただくことができます。

 精神保健福祉法による入院措置に関する事務 特定個人情報保護評価書
  基礎項目評価書(PDF形式,84KB)

 

2019/08/19

令和元年度「自殺予防週間」等における取組について

「自殺予防週間」(9月10日からの1週間)を含む9月に,自殺予防や自死遺族支援,こころの健康に対する正しい知識等の周知,啓発活動などの取組を下記のとおり行いますので,お知らせします。

                    記

1 時 期  令和元年9月1日(日)~9月30日(月)

2 内 容

(1)ライフin 灯(ライト)きょうと2019  

 ア 日 時  9月13日(金)午後3時~午後7時

 イ 場 所  ゼスト御池 河原町広場 

    ウ 内 容   京都市,京都府,こころのカフェきょうと,京都自死・自殺相談センター,学生団体SMILEの5者が,

        取組紹介やパネル展示を実施し,自殺予防の必要性や自死遺族の思いの発信などを行います。 

(2)トラフィカ京カードの販売

  ゲートキーパーズのキャラクターと役割,こころのした健康増進センターホームページのQRコードを掲載した

 トラフィカ京カードを1万枚,9月10日(火)から主要地下鉄販売所にて販売します。  

(3)啓発キャンペーン

 ア 自殺予防の取組,京都市ゲートキーパ―ズの紹介等の内容をゼスト御池河原町広場のマルチビジョンにて放映します。

   放映日時 9月10日・9月11日・9月12日 午後5時~6時

 イ 自殺予防啓発動画を放映します。  

   放映時期 9月中(放映場所により放映期間は異なります。)

   放映場所 市役所,左京区役所他  

 ウ LINEリッチメッセージ配信

   自殺予防週間等の取組の情報を9月10日に配信します。 

 エ こころの健康に関するニュースを,フェイスブック「われら京都市ゲートキーパーズ!!」に掲載します。

(4)きょう いのち ほっとブック事業

   市内図書館と共同でいのちとこころに関する図書とパネル展示を行います。

   実施期間・場所(移動図書館を除く京都市全20図書館で開催)

   9月 1日(日)~14日(土) 久我のもり図書館

   9月 1日(日)~15日(日) 久世ふれあいセンター図書館 向島図書館

   9月 1日(日)~16日(祝月)山科図書館  下京図書館  岩倉図書館

   9月 1日(日)~19日(木) 南図書館

   9月 1日(日)~30日(月) 左京図書館

   9月 2日(月)~16日(祝月)吉祥院図書館

   9月 6日(金)~16日(祝月)中央図書館

   9月 7日(土)~21日(土) コミュニティプラザ深草図書館

   9月 9日(月)~16日(祝月)洛西図書館

   9月 9日(月)~23日(祝月)伏見中央図書館

   9月 9日(月)~30日(月) 右京中央図書館

   9月11日(水)~16日(祝月)こどもみらい館子育て図書館  北図書館 東山図書館  西京図書館  醍醐図書館

   9月11日(水)~25日(水) 醍醐中央図書館

(5)きょう ほっと あした~くらしとこころの総合相談会~

(6)きょう・こころ・ほっとでんわ(自死遺族・自殺予防こころの相談電話)

2019/08/13

障害者自立支援医療受給者証(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳の交付に関する事務に係る「特定個人情報保護評価書」の公表について

特定個人情報保護評価について
概要
 マイナンバー法に基づく制度上の保護措置の一つであり,国民の信頼を確保するため,特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)を取り扱う事務について,個人のプライバシー保護に対して適切な措置を講じることを特定個人情報保護評価書により宣言し,公表する手続きです。

実施する評価の種類
 事業ごとに,対象人数の多寡等によって評価の要否を判断のうえ,評価不要のものを除き,「全項目評価(30万人以上)」「重点項目評価(10万人以上30万人未満)」「基礎項目評価(1千人以上10万人未満)」のいずれかを実施することとされています。
 障害者自立支援医療受給者証(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳の交付に関する事務については,対象人数が1千人以上10万人未満であることから,基礎項目評価を実施します。

評価書の公表
 障害者自立支援医療受給者証(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳の交付に関する事務において特定個人情報を取り扱うに当たり,適切な措置を講じたうえで,個人のプライバシー等の権利利益の保護を実施していることを宣言する「特定個人情報保護評価書」を公表しており,ご覧いただくことができます。

 障害者自立支援医療受給者証(精神通院)及び精神障害者保健福祉手帳の交付に関する事務 特定個人情報保護評価書
  基礎項目評価書(PDF形式,88KB)

 

2019/08/21

精神障害のある方のための就労支援講座「病気とつきあいながら働くために~リハビリテーションの実際~」の開催について

 京都市では,持続可能な社会を目指すSDGsの基本理念である,「誰一人取り残さない社会の実現」に向け,精神障害のある市民の社会参加を促進することを目的に,「うつ病の方のための症状改善と就職・復職の準備性を高めるデイ・ケア」,「統合失調症の方のための就労準備デイ・ケア」を実施しています。

 この度,精神障害のある市民とその御家族及び支援者に向けて,就労支援講座を開催しますので,お知らせします。

 詳しくはこちら

2019/08/15

令和元年度 かかりつけ医・産業医等うつ病対応力向上研修会の開催について

令和元年度 かかりつけ医・産業医等うつ病対応力向上力研修会を下記の通り開催します。

                 記

1 日時・場所

(北部)令和元年10月5日(土)14:00~17:00  舞鶴グランドホテル2Fローズ

(南部)令和元年10月31日(木)14:00~17:00  京都府医師会館 2階 212・213

2 対象者及び定員

(北部)京都府内の内科,産婦人科等かかりつけ医,産業医(定員30名)

(南部)京都府内の内科,産婦人科等かかりつけ医,産業医,衛生管理者(定員100名)

3 内容・詳細については開催要綱参照

4 申込み方法

(医師)別添の京都府医師会報の申込書で京都府医師会地域医療2課へFAXで申込み

    地域医療2課 FAX:(075)354-6097

(衛生管理者)別添の申込書で京都市こころの健康増進センター相談援助課へFAXで申込み

       京都市こころの健康増進センター FAX:(075)314-0504

2019/07/03

LINE公式アカウント『われらは京都市ゲートキーパーズ』の開設について

    京都市では,持続可能な社会を目指すSDGsの基本理念である,「誰一人取り残さない社会の実現」に向け,自殺総合対策事業として,「くらしとこころの総合相談会」や「きょう・こころ・ほっとでんわ」をはじめ,市民へのこころの健康に関する普及啓発を実施しています。

 この度,市民に広くこころの相談窓口等を知っていただくため,友だち登録をしていただいた方が,「くらしとこころの総合相談会」やこころの健康に関する講演会の案内等を受け取っていただけるLINE公式アカウント『われらは京都市ゲートキーパーズ』を開設します。

     ぜひ,皆様からの友だち登録をお待ちしております。

1 開設日

  令和元年7月2日(火) 

2 利用方法

  まずは,LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」をスマートフォンなどにインストールし,アカウント名:『われらは京都市ゲートキーパーズ』を「友だち登録」してください。

(1)LINEアプリのインストール方法 

         iTunes App StoreまたはGoogle playで「LINE」と検索し,アプリをインストール(無料)してください。

(2)友だち登録方法                    

   LINEアプリを起動し,LINEアプリ内「公式アカウント」から『われらは京都市ゲートキーパーズ』と検索し,友だち追加

  してください。または,以下のQRコードを専用アプリなどを使って読み取り,友だち追加してください。

(3)配信頻度  月1回程度                    

2019/06/25

令和元年「薬物問題について考える講演会」の開催について

 昨今,薬物依存についてはメディアなどで多く取りざたされていますが,実際に身近な人が薬物に手を出したとき家族としての関わり,支援などについて情報を得る機会は決して多くありません。

 そこで今年度は,薬物依存症における家族としての悩みや関わり,回復と支援について理解を深めるために,下記のとおり「薬物問題について考える講演会」を開催しますので,お知らせします。

1 日 時  令和元年7月26日(金)

       午後2時~午後4時(開場:午後1時30分)

 

2 場 所  キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室

       (京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939番地)

 

3 内 容

(1)講 演  「依存症と家族 ~家族にできること・できないこと~」

   講 師  国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 

        診断治療開発研究室長  近藤 あゆみ氏

(2)当事者の体験発表

 

4 定員等

定 員  200名

参加費  無料

申 込  直接会場へお越しください(先着順,申込不要)。

その他  一般利用者用の駐車場はありませんので,公共交通機関(電車,バス等)を御利用ください。

【参考資料】ちらし

      京都市情報館はこちら(広報発表ページへリンク)